Pocket
LINEで送る

せどりでサイコロのような人生を変える
せどりでサイコロのような人生を変える


当ブログでは、せどりで稼げるのか?副業で自由な時間を失うのでは?など

副業に対して不安を持たれている方に副業(電脳せどり)の素晴らしさを知ってもらいたい!という思い。



また、副業によって、お金を手にし、より幸せを掴みたい!と思っている方などに



電脳せどりという誰でも始められる方法を使って、副業の素晴らしさを

伝えていければと考えております。



また、自分の経験から導き出した考え方やノウハウなどお伝えすることで

少しでもみなさまの役に立てるよう情報発信していきます!


関係のない趣味の話など出てくるかもしれませんが、お付き合いください。



では、より親近感を持って頂けるよう、簡単にですが、自己紹介させて下さいw

学生時代

私の学生時代は、一言でいうと「中の中」、「特に可もなく不可もなく」という感じで、

中学時代は身長が高くないのにバレーボール部に入部
(バレー部選ぶ時点で。。。wwwってのはなしでw)

まぁセッターへ固定ですよねwww


高校時代は部活へ入らず、原付免許をとって宅配ピザの兄ちゃんやってました。

まぁありがちのやつです。


そして、大学には行かず、誰でも入れるようなビジネス専門学校へ

まぁやりたいことも見つからず、何も考えず生きてましたwww


そして、普通に転職活動をして、サラリーマンへ


いやぁ紹介できないくらい普通の生活でしたwww

社会人、そして転職-せどりに出会う前-

社会人になり、地元を離れ、都会へと進出しました。

入社できた会社は有名な日本企業の子会社で、上下関係に厳しく、

お酒が得意ではないのですが、飲みに連れ回される毎日。。。

そして、先輩はほとんど奢ってくれず、新入社員の給料では生活が厳しかったですね。


今思えば酷い先輩でしたwww


このとき出会ったのがパチスロでした。

どうしてもお金が必要だったので、まさに「負けられない戦いがここにはある!」状態www

当時のパチスロは現在(2016年)の機種よりも勝ちやすく、色々と勉強をして、

4~5年間、毎年100~150万円ほどをパチスロで稼いでおりました。

ここでパチスロを研究していく中でお金を稼ぐということに対する考え方などを学びました。

(この辺については後々触れていきます。)



そして、地方への転勤

社会人6年目に転勤を命じられ、全く知らない土地での生活が始まりました。

ここで異動した部署というのが異動がほとんどない部署であり、先輩はこの土地に住んで

15年目という感じでしたw

もともと私はいつか地元に戻ってきて働きたいと考えていたので、転職を決意。

地元に帰る道を選びました。



この頃にはパチスロの時代も変わり、コンスタントに稼ぐのは難しくなっていました。

副業、せどりや転売との出会い

地元に戻ってきた私は、慣れ親しんだ街で働き、仕事も変わったことで前職よりも

給料5~8万円は減りましたが、時間が少し増えました。



変わらず、パチスロは続けていましたが、なかなか結果を出すのが難しく、パチンコを

やってみたりとあの手この手を尽くしましたが、趣味としては良いが、稼ぐとなると

難しいという考えに至りました。


この時にたまたま前職時代の同僚と連絡をとっていると同僚から

「せどり」「電脳せどり」「転売」といった副業ワードが飛び出しました。

はじめは「そんなもので稼げるの?」「楽しいの?」と半信半疑でしたが、

話を聞いてみると「あれ?それ稼げるな!」「長時間パチスロ打つより良いんじゃないか」と

思うようになり、やり方を教えてもらえるようお願いしました。


そこから電脳せどりブログを読み漁ったり、自分なりに行動してみると

始めて1ヵ月で「予約販売」が出来るようになり、

安定した副収入を得られるようになりました。

そして、始めて3ヵ月目には月商200万円を突破し、現在まで継続的に収入を得ています。

この予約販売というものはリスクが少なく、安定して利益を生む手法です。


予約販売を使い、ローリスク・ハイリターンを狙うことが成功への近道と

なります。

みなさまに

今までパチスロで稼いでいた中でも色々な考え方やノウハウなど研究して

結果を残してきました。

そして、「せどり」特に「電脳せどり」というものに出会い、自分が培ってきた

経験を生かすことで、最短で結果を出すことが出来ました。


せどり、特に電脳せどり、そして予約販売という手法に加え、

私の経験や考え方、ノウハウを伝えていき、みなさまに同じ経験をして頂きたい!

という思いが強くあります。

是非、予約販売を使って、一緒に勝ち組の道を進んでいきましょう。

Pocket
LINEで送る