Pocket
LINEで送る

モノレートの見方

どうも!

しげぞーです♪



せどりの質問など日々頂くのですが、

その中でこれさえわかっていれば、解決できるのにな~って

思うことがあります。



それが、

「モノレートの見方」です。



せどりをやっていく中でぶつかる壁や疑問点、迷い、

実は「モノレートの見方」がわかっていれば、

立ち止まる必要なんてなかったりするんですね。



それくらい、「モノレートの見方」を覚えることは大切。





せどりは「仕入れ⇒売る」ということで利益を生みます。



「仕入れ」がなければ、何も生まれないんですね。

その、仕入れをする際に使うのが、「モノレート」なんですから、

わかっていないと稼げないということは容易に想像できますよね!



では、最低限覚えてほしいことをお伝えしますので、

最後までよろしくお願いします!!

モノレートって何?

「そもそもモノレートって何?」って方もいると思います。



モノレートとは簡単に言えば、

「Amazonの価格推移やランキング推移、出品者の増減をデータ化したもの」です。



このデータを基に仕入れて大丈夫か?売れるか?利益が出るかを判断します。



モノレート


モノレートではこのように商品ごとにデータ化されています。



このモノレートのデータを基に仕入れ判断をするんですね。

モノレートでチェックすべき点

ぼくは新品せどりが基本なので、新品せどりで注意するべきポイントを説明します。


価格推移グラフ

価格推移


モノレートで個別商品を見ると、最初はこのような価格推移グラフが表示されます。



新品せどりの場合は必ず「新品タブ」をクリックして、新品のグラフをチェックしましょう。



最初の表示のままだと「最低価格表示」になっているんですね。

※何故、「最低価格表示」のままだとダメなのかは後述します。



では、ある商品を例に解説します。

カート価格
まず、新品タブに切り替えることで

「カート価格」、「プライム価格(FBA価格)」、「アマゾン価格」の

グラフを表示させることができます。



画像の青色のグラフが「カート価格」です。



新品せどりをやっていて、大事なのが「カート価格」。



カート価格とは「Amazon商品ページのトップに表示されている価格」です。



出品者一覧に安価で出品している自己発送出品者がいたとしても、

ほとんどはこの「カート」から売れていきます。



そのため、モノレートにて新品タブで「カート価格」をチェックする必要があるんですね。



ちなみにこの商品はAmazon商品ページはこんな感じ。

Amazon商品ページ
モノレートの緑色のグラフを見る限り、Amazonはずっと出品しているのがわかります。

しかし、青色のグラフ(カート価格)が高値で表示されていることから、

Amazonは出品はしているものの在庫切れ等でカートを取得できていないということがわかります。



この商品はAmazonがいても「カート価格」はずっと4,400円でした。

ちなみに販売していたのは、ぼくです。笑



このようにAmazonが出品していたとしても、

安価で出品している出品者がいたとしても、

実際の「カート価格」をチェックすれば、仕入れ対象だったりするんですね!



なので、最低価格のグラフではなく、新品タブからグラフをチェックしましょう!


出品者増減グラフ

出品者増減
次に出品者増減グラフですね!



このグラフでチェックするのは簡単に言えば、「ライバル数の確認」です。



この商品の売れ行きに対して、ライバルってどれくらいいるの?

ライバル多かったら売れるの時間かかるかなーとか

ライバル少ないからめっちゃお宝やん!とか

そんな判断をします。



仕入れ判断にはライバルチェックも必要ということですね!


ランキング推移グラフ

ランキング推移
ランキング推移グラフです。

ランキングがどのように推移しているかということで商品の売れ行きをチェックします!



グラフが下に下がっているとランキングが上がっているという見方です。



Amazonでは商品が売れるとランキングが上がります。

なので、下に下がっている個所が多いとそれだけよく売れているということですね!



このようにグラフがよく折れているかどうかをチェックして仕入れ判断をします。



この記事では詳しく解説しませんが、モノレート画面の下の方に

「期間毎の最安値一覧」という項目があります。

この部分の出品者数の動きをチェックして、

「新品」「中古」「コレクター」どのコンディションから売れたのか確認できます。



ランキング推移グラフと期間毎の最安値一覧をチェックすることで

商品の売れ行きをチェックします。

モノレートユーザー数グラフ

モノレートユーザー数グラフ
最後にモノレートユーザー数グラフです。



これは何かと言いますと「この商品のモノレートをチェックした人数」です。



上のグラフでもそうですが、部分的にグラフが上に跳ね上がっている部分があると思います。

そこでは複数の人がこの商品をチェックしたことがわかります。



誰かのメルマガなどで商品が紹介されると跳ね上がったりします。



複数の人がモノレートをチェックした⇒出品者が増えるかもしれない



こう考えることができますので、一応チェックが必要です。

モノレートを制するものがせどりを制する

店舗せどりだろうが、電脳せどりだろうが、せどりの基本はモノレートです。



モノレートを正しく判断できれば、仕入れをミスすることを少なくなりますし、

仕入れるべき商品を逃すこともなくなります。



仕入れるべき商品を確実に仕入れて、仕入れのミスを減らすことができたら

せどりって稼げると思いませんか?



仕入れる商品を見つけられるノウハウを手に入れたとしても、

その商品を仕入れるべきか判断できなければ、稼ぐことはできません。



モノレートの見方をマスターすれば、せどりで悩むことも減るんです。



過去にもし仕入れを失敗してしまった商品があれば、

再度モノレートをチェックしてみてください。

過去の失敗から学ぶことって本当に多いので、是非チェックすることをおすすめします。

終わりに

今回は仕入れ判断の全てを解説できたわけではありませんが、

仕入れ判断の大部分を占めるモノレートについて解説しました。



店舗せどりだろうと、電脳せどりだろうと、モノレートが大事なことには変わりありません。



もし、この記事で少しでも気づきがあれば、嬉しいです^^



みんなで稼いで自由を手に入れましょー♪


本日は以上です。
いつも読んで頂き、ありがとうございます♪





ぼくのメルマガではプレ値情報や考え方のヒントなど

読者さんのスキルアップを目的に配信しています。

是非、読んでみてください。

メルマガ登録





また、LINE@ではタイムリーな情報やメルマガでは流さない情報。

LINEチームなど新たな企画の案内などを優先的に行っています。

こちらも是非、登録しておいてくださいね♪

LINE@
LINE@

ID:@rre6749o


Pocket
LINEで送る

LINE@登録プレゼント